占い処十一時屋とは

余白(40px)

コンセプト

占い処十一時屋の鑑定は最短30分からと非常にコンパクトで、価格も低くおさえています。
これは占いを必要とする人が、必要なタイミングで気軽にアクセスできるようにという考えによるものです。
たとえば学生さんや、求職中あるいは休職中の方など、やむを得ない事情で大きなお金はかけられないけれども誰かに相談したい。
家族や友だちなど身近な人にはなかなか言えない話を、詳しい事情を知らない第三者に聞いてほしい。
そんなときはぜひ占い処十一時屋をご利用ください。
鑑定は24時間受け付けておりますので、お仕事やご家庭の事情で日中に外出できない方や、深夜や早朝しか時間がとれない方も、どうぞ遠慮なくご相談ください。
占い処十一時屋の占いは、受ければ必ず運が向いてきたり、仕事や人生が大成功したりといった性質のものではありません。
はじめての鑑定では、まず「等身大の自分を知る」ことからスタートします。
自分が本当は何を望んでいて、今後どうなりたいのか。何が得意なのか、あるいは苦手なのか。
身の丈を知ることは自分の限界を知るようで少し切ないようにも思われますが、自分を苦しめる状況から脱出し、本来の才能や長所を伸ばしたり、居心地のよい場所を見出したりするために欠かせないことでもあります。
占いを通して自分にとっての「ちょうどいい」を把握し、今後も続く長い人生を無理なく、健やかに生活していくためにはどうしたらいいのかを、ともに解き明かして参りましょう。
占いと向き合う姿勢や占いへの解釈は占い師によりさまざまですが、占い処十一時屋は「占いとは行動する人のためにある」と考えております。
たとえ望ましくない結果が出たとしても、その後の行動次第で状況を好転させたり、リスクを最小限におさえたりすることは可能です。
とはいえ、あまりに壮大で具体性のないアドバイスをされても、どう行動したらいいのかわからなくなってしまいます。
また、具体性があったとしても、そのとき置かれている状況や手元にあるリソース次第では実践が難しい場合もあるでしょう。
そこで、占い処十一時屋ではお客様にヒアリングを行いつつ、具体的かつ実現可能性の高い提案をさせていただきます。
ひとつひとつは現実的ではあっても地味で堅実で、目からうろこといった内容ではないかもしれません。
しかしながら、どれだけ素晴らしいアイデアも、行動して形にできなければ存在しないも同然です。
占い処十一時屋は「今の自分が持てる時間、能力、体力で無理なく実行できる、あるいは継続できるか」を重視したうえで、実際の生活に役立つ「実用性のある占い」を志向します。
余白(40px)

占い処十一時屋の占い

占い処十一時屋では主にタロットと西洋占星術の二種類の占術を用いて占います。
キャプションを追加

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
占い処十一時屋ではお客様からいただいた質問に応じて、より答えを出しやすい占術を使い分けます。
スピリチュアルな能力は全く関与せず、知識と技術にもとづいた占術により鑑定を行います。

つまり、勉強さえすれば誰でも体得できるスキルです。

しかし、学校の勉強も科目によって得意不得意があるように、占いの知識が身になるか、そもそも実践できる段階まで学習を続けられるかは個々人の資質や適性に左右されます。
また、星の並びやカードの絵柄といった象徴を、個人の体験や性質と結び付けて解釈するには、机上の学びで得た知識のみならず、インスピレーションも欠かせない要素になります。
そうした技術を磨くには、年齢や性別、職業などあらゆる属性を持つ方々を鑑定し経験を積むのはもちろんのこと、直感が正しく働くよう日頃から心身のコンディションを整える必要があります。

占い処十一時屋が志すのは、お客様の生活満足度やQOLを向上させる「ツールとしての占い」です。
プロの占い師として、より実際的かつ具体的な鑑定を提供するべく、日々研鑽と実践を重ねて参ります。
余白(40px)

プロフィール

島谷 実郷
Shimaya  Misato
埼玉県出身。
占星術師・タロット占い師。
幼少期よりタロット占いをはじめとした占いやオカルティズム、スピリチュアルの世界に親しんでおりましたが、当時は趣味の範囲にとどめておりました。
はじめてタロットカードを手にしたのは七歳頃、大アルカナのみのデッキとタロット占いの教本のセットを書店で求めたのがきっかけと記憶しております。
占星術を学びはじめたのは成人を少し過ぎた頃と、遅咲きのスタートでした。


・2017年1月 探偵事務所調査員や納棺師、ライターなどの職業を経て独立。
同年5月『占い処 十一時屋』を設立。
この頃はまだ占いで身を立てていこうというつもりはなく、ライター業の合間の副業程度にはじめました。
既に鑑定の経験はあったもののプロとしての自覚は薄く、活動もオンライン上にとどめていました。
最初のうちは1回あたり500円程度で鑑定を行っておりましたが予想以上に反響があり、やがてライター業に従事する時間を、鑑定に割く時間が上回るようになりました。
うれしい誤算ではありましたが、そうなると流石に500円では生活が立ち行きません。
少しずつ価格を上げ、時間や質問の数に制限をつけ……と試行錯誤を経て、現状に落ち着きました。


・2020年5月 島根県へIターン。
もともと島根県の友人知人と交流があった関係で2020年内に移住を検討していたところに、思いがけずコロナ禍に見舞われてしまいました。
先送りにするべきか悩んだものの、5月に一瞬だけ東京都近郊の緊急事態宣言が解除されたタイミングに松江市へ引っ越しました。
開業当初はチャットやSNSを利用したリモート鑑定を中心に活動していたものの、島根県への移住をきっかけに対面での鑑定にも精力的に取り組むようになりました。
地元の友人やIターンの先輩からの紹介や口コミで評判が徐々に広がり、ありがたいことに多くのご縁をいただきました。


・2021年 松江市から出雲市へ拠点を移す。
移住直後は地理にも疎く探り探りの一年ではありましたが、出雲市に引っ越してからは安来市、江津市など各所へ活動範囲を広げ、イベントにも積極的に参加しております。
同じく島根県内で活動する占い師の皆様との出会いにも恵まれ、占いイベントを主催することもできました。
ときには知り合いからお声がかかって臨時でお店を手伝ったり、イベントのスタッフとして駆り出されたりと……もはや何屋なのかわからない様相を呈しております(笑)
ひとまず現時点では占い師兼何でも屋さんという立ち位置に落ち着いた次第です。

主な実績

・さいたま市のFMラジオREDS WAVE(FM87.3) Evening Pass『今週の星占いのコーナー』担当
・2020年あっと出雲 vol.53(山陰中央新報社出雲総局)『Abundance Message』寄稿
・2021年4月『春色フェスin木綿街道』出店
・2021年4月フコク生命出雲営業所占いイベント出演
・2022年3月第一生命島根支社出雲北営業オフィス占いイベント出演
・2022年10月出雲観光協会『出雲之国遊歩手帖』制作協力
・2022年11月『burst max』出店
・2023年11月『松江ヨアカリin宍道2023』出店
・リアル鑑定イベント『しまね占い探訪』主催
余白(20px)
余白(20px)